医療用成形製品

ホーム > 事業内容 > 医療用成形製品

医薬品向け製品をはじめ、人体への影響が考慮される安全性の高い医療用容器・医療用包装材を製造する技術力を提供します

大塚テクノの医療用容器と医療用包装材は国内工場をメインとし、子会社の海外工場でも生産しています。衛生的なクリーンルームを備え、成形、組立、包装まで、効率的でムダのない一貫した生産ラインをもち、高品質な製品を供給しています。

 

TNセット 組立技術

成形から組立まで一連のラインで生産を行います。一貫した生産により高品質を維持します。

バッグフィルム 多層フィルム

数種類の樹脂を押出し、インフレーションフィルムを成形します。 多層化することにより、各樹脂の特性を活かし、要望に応じた機能性の高いフィルムを成形することが可能です。

 

輸液キャップ 成形技術

部分的に薄膜化された成形品とゴム栓により構成されたキャップを成形、組立します。 安定した薄膜精度は使用時の開栓のし易さ、ゴム栓は機能性の向上に貢献しています。

ポート 2材成形

2種類の樹脂から構成される製品を同一金型内で成形します。 機能性と意匠性を両立させ、コスト的にもメリットのある製品設計が可能です。